facebook広告のビジネスアカウント作成方法や見方を解説

facebookは2023年現在月間2,600万人のアクティブユーザー(MAU)がおり、ビジネスや近況報告などを目的として利用しています。

facebook広告はターゲティングの精度が高いことでも知られ、属性を細かく設定することが可能です。

facebook広告を出すためには、ビジネスアカウントが必要です。

この記事では、facebook広告のビジネスアカウントを作成する方法や、成果を確認するための見方を詳しく解説していきます。

facebookページの準備

facebook広告のビジネスアカウントを作成するためには、facebookページが必要です。

facebookページは個人アカウントを使って作成します。

facebook広告個人アカウントを作成する方法

facebookページを作成するためには、個人アカウントが必要です。

ここで、facebookアカウントの作成方法を説明していきます。

公式サイト(facebook.com)を開いて、「新しいアカウントをクリックしてください。

すると、次のような画面が表示されるため、氏名や携帯番号(もしくはメールアドレス)を入力し、誕生日や性別を選択します。

メールアドレスもしくは携帯番号で確認をされたら、個人アカウントの作成は完了です。

facebookページの作成方法

facebookページの個人アカウントができたら、次にfacebookページを作っていきます。

facebookページには、企業概要や扱う商品、サービスなどリアルタイムの情報やメッセージなどを投稿できます。

facebookページは、次のような手順で作成することが可能です。

  1. 個人アカウントでログイン
  2. 必要事項を入力

まず、個人アカウントでログインをしてからホームを開きましょう。

ホームボタンは次のように、トップページに表示されている家のマークです。

このボタンをクリックしてください。

左側にリストされている中からページ、新しいページの作成へと進むと次のような表示となります。

上記のページにて、ページ名やカテゴリー、自己紹介(企業紹介)などを入力しましょう。

すべての入力が終わったら、Facebookページを作成をクリックしてfacebookページの作成は終了です。

facebook広告のビジネスアカウント作成方法

facebookアカウントとfacebookページを作ったら、facebook広告を作成するための準備をしていきます。

facebookビジネスマネージャのアカウント作成

facebook広告をするためには、facebookビジネスマネージャが必要です。

facebookビジネスマネージャとは、facebook上でマーケティング活動に関連した内容を管理できるツールです。

例えば、Facebookページや広告効果の分析、またアカウントの管理もおこないます。

facebookビジネスマネージャの開設は次のようにおこないます。

  1. https://business.facebook.com/overviewにアクセス
  2. 必要事項を入力
  3. facebookページとfacebookビジネスマネージャを連携

まずは、https://business.facebook.com/overviewにアクセスをしましょう。

すると次のような画面が表示されます。

上記の画面で「アカウントを作成」をクリックすると次のように、ビジネスアカウント作成画面になります。

あとでわかりやすいようなアカウントの名前、ユーザー名、仕事用メールアドレスを入力してください。

ビジネスマネージャのアカウントができたら、facebookページと連携させていきます。

ビジネス設定をクリックして、アカウントの中に選択肢として表示されているページを選択し、追加をクリックしましょう。

ボックスにページの名前やURLを入力したら連携完了です。

広告アカウントの設定

facebookで広告を配信するためには、広告アカウントが必要です。

広告アカウントを作ることで、はじめて広告マネージャが利用できるようになります。

広告マネージャは、ビジネスマネージャ機能の1つであり広告関連の管理に特化しています。

広告キャンペーンを作成できるほかリアルタイムな効果分析も可能であり、facebook広告をするためには必要不可欠です。

広告アカウントは、次のように作成します。

  1. ビジネスマネージャの画面で左側に並んでいるメニューからビジネス設定をクリック
  2. 広告アカウントを選択
  3. 追加をクリックしたあと「新しい広告アカウントを作成」をクリック
  4. アカウント名や時間帯、通貨、支払い方法などを選択

広告の作成

最後に広告の作成をおこなっていきますが、次のような手順となります。

  1. キャンペーン
  2. 広告セット
  3. 広告内容

キャンペーンとは広告を行う目的のことであり、売り上げやエンゲージメント、アプリの宣伝などの目的から選択をしましょう。

広告セットとは、広告における予算や掲載期間、ターゲットなどを設定します。

最後に、画像や動画、CTA(Call To Action、ユーザーへの行動喚起)ボタンの設定など入力する内容を選択して広告を作成します。

広告を作成したら、支払い方法(クレジットカードやPaypalなど)を設定して完了です。

最後にfacebookの審査を受けて、許可されたら運用開始できます。

否認された場合は、修正して再提出を行うことが可能です。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では、facebook広告のビジネスアカウント作成や見方について解説していきました。

facebookのユーザー数は年々増えており、2023年時点で日本では月間2,600万人のアクティブユーザーがいます。

さらに、facebookは細かくターゲティングを設定できることから、精度の高いマーケティングにつながります。

この記事が、facebook広告のビジネスアカウント運用をしている方にとって参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
マーケコラム編集部
マーケコラム編集部
株式会社プレグロが運営。WEBマーケティングをこれから始める人や、広告運用の担当者の方へ向けて有用な記事を更新しています。
WEB広告運用やSNS運用、HP制作など各種WEBマーケティングのご相談受付中です。

CONTACT US

WEBマーケティングにお困りの方は
お気軽にご相談ください。
2営業日に以内にご連絡します。

かんたんお見積もり