プレグロのサービスを導入いただいた
お客さまにお話しを伺いました。

「親切さでプレグロを選んだ」初めてのWebマーケティング施策で PV数が40倍、売上は導入前後で1,000%増を達成。

会社名: 株式会社アルジェント

担当者名: ブランドディレクター兼MD 駒澤さん/PR担当三上さん

「”こんな靴があったらいいのに”をカタチにする。」 物あまりの時代だからこそ、本当に必要なずっと求められる靴を作っていくことを大切にしている株式会社アルジェントさま。今回は自社ファクトリーブランド『FOREMOS』でどのような効果があったのかお伺いしました。

改めて御社のサービス内容を簡単にお聞かせください。
神戸と東京を中心に、婦人靴の製造から販売までの業務を一貫して実施しています。2つの自社ファクトリーブランドとOEMがありますが、他社のブランド製品製造であるOEMをメイン業務として、手がけております。
自社ブランドの1つ目が、「FOREMOS marco」20.5センチから22.5センチの小さいサイズの婦人向けの靴を作っているブランドです。もう1つが「RELE」。こちらは「今を大切に上手に歩く女性に向けたシューズブランド」というテーマで、デザイナーの佐原みえこを中心に作っている、22.5から25センチまでの幅広い方に向けたブランドです。
具体的に三上さんは社内でどのようなお仕事をされていますか?
会社ブランドのPRを行っています。主にFOREMOS marcoを中心にPRしていて、インスタグラムの運用や、ライブ運用ですとか、YouTube運用、LINE、メルマガ、お客様に向けて発信する業務を中心に行なっています。
それとマーケット、自社の分析をしてよりよくできるようにSEOを使ったブログのライティングですとか、オンラインホームページの編集、商品登録等の自社サイト運営も行っています。
具体的に駒澤さんは社内でどのようなお仕事をされていますか?
ブランドディレクター兼MDという仕事をさせていただいてます。まずブランドディレクターの業務としては、コミュニティの計画等です。YouTubeの戦略設計とか、SNS関連のディレクションと、彼女(三上)個人のアカウントをグロースさせるか等の設計を行っています。
一番のメインはMDと言われているプロダクトの方です。
簡単にご紹介をすると、半シーズン単位でマーチャンダイジング(製品計画)を組むのですが、例えば、売上1,000万なら1,000万に対してどれだけの足数を制作して行くような計画を立てることです。僕らの場合は自社工場を持っているため、製造がクイックリーに出来るので、それをひと月単位でやっていく形で毎月新作が出る仕組みを作ったりしていく、そんな業務です。
当社を選んだ理由を教えてください。
マーケティングをやってみたいっていうのありました。
でも社内にデジタルマーケティングに関するノウハウを持った人材がいないから、わかる人いないかな、詳しい人いないかなって探してた時に、マーケティングに詳しい人を紹介しますといって宮崎さん(当社代表)を紹介してもらいました。何で仕事に繋がったかって言うと、やっぱり親身さが決め手でした。
お取り組みを始める前の感想や印象を率直に教えてください。
初めて費用感とかを見て「このぐらいかかるんだ」ってその時は高いイメージでした。価格の相場感など知らないから・・・。
ただ実際に走って見た後の費用対効果を観測した際に、そこまで高いとは感じませんでした。
実際に当社とお取り組みをスタートした後の感想や印象について教えてください。
実績として取引前がPV数が2,000から広告入れて5,000、6,000がMAX。
今は週で20,000PV、月で80,000PV。月間10万いかないくらいまでPVが伸びるようになりました。宮崎さんにやっていただいた強い部分は十分に発揮していただいたと思ってます。
本当に素晴らしいですよね。だから2,000だとした時に、80,000なんで40倍という実績が出ました。売上で言うと元の規模が少なかったと言うのもありますが、1,000%ほど導入前後で効果が出たイメージがあります。
今後、取り組んでいきたいことや当社に期待することを教えていただけますか?
弊社では、新しいOEMの仕組みを作っていきたいと考えています。
個人やちっちゃいブランド、まだ立ち上げたばっかりとか、個人でやっていくブランド。そういう新しい形のtoC向けOEMで、その人たちをしっかり取っていきたいと考えていて、その為のホームページ改修も相談していきたいです。今後、さらなるお付き合いができるかもしれないと思っています。

本プロジェクトにおけるプレグロの支援範囲
ECサイト制作/インハウス支援(社内のWEB人材育成)/コンテンツマーケティング